アトピーのための衛星管理

アトピーをケアするには、自分に合った化粧品選びと正しいスキンケアが必須条件です。
アトピーのケアは、一つ間違えば悪化しかねないほど、非常に治療が難しい難病です。 このページでは、アトピー肌へのスキンケアとして、刺激が少なく効果が期待できる敏感肌用の保湿化粧品にスポットを当てて紹介していきたいと思います。 実際にアトピーで悩んでいた私が、自分の肌で試してみて、結果が出たオススメのスキンケア化粧品を厳選してご紹介させていただくことにしました。

アトピーは清潔に保つことが最も重要

アトピーの大敵は、肌表面についた汗や汚れ。症状が出ているときはもちろん、日頃から肌を清潔に保ち、症状を発生させないようにすべきです。

スキンケアはアトピーの状況をみて、適度な清潔も大切です

「清潔にする」というと、ゴシゴシと強く洗ったり、洗う回数を増やす事だと思いがちですが、それはかえって逆効果。あまり洗いすぎると、皮膚表面を傷つけてしまい余計に肌内部の水分が蒸発しやすくなって余計に乾燥してしまいますし、本来持っている皮膚保護のバリア機能までも洗い流してしまうかもしれません。 洗う回数や強さを変える必要はありません、大切なのは「洗い方」と「洗浄料の選び方」です。

やさしい洗顔と入浴方法

まず顔の場合は、メイクを低刺激のクレンジング剤で落とします。あまり擦らずに落としたいので、メイク用品はなるべく落ちやすいものを選ぶようにしてください。洗い流しはぬるま湯で。 その後、こちらも低刺激の洗顔料をしっかりとネットなどで泡立て、泡で包み込むように洗います。強く擦ったりは絶対にしてはいけません。なるべく短時間で洗い上げ、ぬるま湯で流すようにしてください。 体を洗う際も、ゴシゴシと擦るのは当然NG。ナイロンタオルやスポンジ、ボディブラシなどは皮膚が傷つきますので避けてください。手で泡立てて体を撫でるだけでも充分ですが、天然コットンなどで出来た敏感肌向けのボディタオルでも大丈夫です。洗い流しはとにかく入念に、洗浄成分は体に一切残さないようにしてください。 最近はシャワーだけで済ませる方も多いですが、お風呂のお湯にはなるべく入るようにしましょう。肌の汚れを落とすだけでなく、自律神経を刺激する、血行を良くする、保湿になるなど、入浴にはアトピー対策の効果が高いのです。 症状がひどすぎてお湯そのものを刺激と感じる場合は、乾燥性敏感肌用の入浴剤を入れたり、お湯を循環させて塩素を飛ばす機械を取り付ける、備長炭をお湯に沈めておくなどの対処をするとよいでしょう。 また、お風呂にはリラックス効果もあるので、ストレスが原因のアトピーにももちろん効果的です。

やさしい洗浄料の選び方のポイント

スキンケアをするアイテムと同様、洗浄料も肌に直接触れるものです。こちらも成分表示をよく見て、なるべくシンプルなものを選ぶようにしましょう。 現在は薬事法改正により全ての商品に全成分表示が義務付けられていますし、インターネットにも肌に刺激のある成分一覧はたくさん公開されています。製品購入前には、きちんと成分を調べるようにしましょう。 それか、アトピー・敏感肌用化粧品のラインナップとしてボディソープやシャンプーがあるメーカーがありますから、そちらの商品を使えば間違いないかと思います。 素材がシンプルになればなるほど、溶けやすかったり長時間しまっておくと変色・変質してしまうことがありますので、石鹸などは水がたまらないようにする、大量買い置きをしないなどの素材をいたわる工夫も必要です。


アトピー
アトピー性皮膚炎の治療と改善を目的とした総合情報サイトです。